« It Must Be Love | トップページ | A Matter of Scandal »

2007.03.11

The Music of the Night

The Music of the Night (Signet Eclipse)The Music of the Night (Signet Eclipse)
Lydia Joyce

Signet Book 2005-11
売り上げランキング : 134460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長年の友人de Lintにわずか十二歳の私生児Adelaがレイプされた。Sebastianはde Lintを訴えるが、de Lintは誘惑してきたのはAdelaだと言い張る。世間も外面のいいde Lintの言葉を信用し、怒りを納めぬSebastianを白い目で見る。ある日馬車の事故で命を落としかけたSebastianは、そのまま死を装って世間から姿を隠し、de Lintを油断させて復讐を狙う。de Lintを追ってベニスまでやってきたSebastianは、そこで彼の愛人らしき女性の姿を目にとめる。まずは復讐の第一歩として、仮面舞踏会にその愛人を誘いて出し誘惑しようと計画する。
実はその女性は愛人ではなく、de Lintの母の付添い人Sarahだった。ロンドンのもっとも貧しい地域に生まれ育ち、幼いころから生き延びるために身体を売らなければならなかったSarah。醜い世界から抜け出したいと、友人の力を借りて教育を受け、なんとか貴族の付添い人という地位まで這い上がってきた。しかし顔には天然痘の傷跡がある。予防接種も治療も受けられなかったことを示すその傷跡は、貧民窟の出身であることの証だった。そんな自分が、美しい男から誘惑されるなんて。仮面で傷跡をかくし、Sarahは一夜の夢とばかりに身を投げ出すが・・・。

デビュー作のThe Veil of the Night同様、心理描写が優れいています。とくにSarahがよく書けています。過酷な運命を生き抜いてきたヒロインに相応しい、キレイごとでない適度なハングリーさがいいです。それでいてどこか諦観したところもあったりして、健気ではかなくもあったりして、興味深いヒロインです。状況を理解することにエネルギーのほとんどを持っていかれていなければもっと楽しめたでしょう(泣)。いや、マジで。
ドロドロなストーリーに濃厚なキャラクターで、まったくの私好みなのですが・・・なにしろ文章がキツイ。いかにもヒストリカルなbig wordの連発。普段ならそんなの気にもせず読み飛ばすのですが、この作品の場合、Adelaのレイプ事件の真相、Sebastianの復讐計画の内容、Sebastianを狙う人物の存在、と謎のオンパレードなわけですよ。ただでさえ謎めきまくりなのに、わからない言葉が多すぎると・・・オイオイ、いま何が起こっているの?ってね。私には難しすぎました。充分な語彙をお持ちの方は是非お楽しみください。2007.3.10★★★★

|

« It Must Be Love | トップページ | A Matter of Scandal »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/14224072

この記事へのトラックバック一覧です: The Music of the Night:

« It Must Be Love | トップページ | A Matter of Scandal »