« A Summer to Remember | トップページ | It Must Be Love »

2006.09.21

Hot Target

Hot TargetHot Target
Suzanne Brockmann

Ballantine Books (Mm) 2005-11-29
売り上げランキング : 9019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

派手なプライベートで有名な映画プロデューサーJaneの次回作"American Hero"は、実話に基づいた第二次世界大戦中のロマンスだった。ただし、それが男同士のロマンスだったことから、Janeは製作を取りやめるよう何者かに脅迫を受けるようになる。心配した映画制作会社がTroubleshootersに護衛を依頼し、Navy SEALのCosmoがJaneのボディガードを務めることに。脅迫を本気にしていないJaneは猛反発。一方のCosmoもなにかと派手なJaneに反感を抱くが、やがてお互いを知るようになり恋におちる。ところが当然ながら脅迫は伊達じゃなかった。脅迫メールの類似性から、おそらく犯人は過去にも殺人事件を犯しているとあるカルト集団であると推測。FBIまで乗りだすが、Janeと周囲の人間は危険にさらされることに。

Troubleshootersシリーズ第8作(The Unsung Hero, The Defiant Hero, Over the Edge, Out of Control, Into the Night, Gone Too Far, Flashpoint)
あらすじの通り、表向きにはCosmoがヒーローなわけですが、本作の真のヒーローはAlyssaの親友でもあるゲイのFBI捜査官 Julesです。
公式ウェブサイトのカウントダウンページにもあるように、Suzanne Brockmannの息子さんもゲイなのだそうです。たまたまゲイとして生まれてきたというだけで、人を愛し人に愛される普通の人間だってことを訴えたかったのでしょう。Julesと"American Hero"の主演男優であり、Janeの弟でもあるRobin(自称ストレート)とのロマンスがサブプロットになっているんですが、これが凄い。主役を食ってるなんてレベルじゃないです。Julesの元彼のAdamまで絡んできて、濃厚で切ない恋愛模様にメロメロです。なにしろ、あの陽気で優しいJulesがビックリするくらい男らしい。ほれます。JulesとRobinの恋の行方が気になって仕方がない。"Over the edge"でのAlyssaとSamを彷彿とさせるケミストリーです。
とまあ脇役のロマンスは無茶苦茶素晴らしいのですが、主役のロマンスがビックリするくらい出来が悪い(笑)。はっきりいってキャラもいい加減だし、あまり印象に残らない。Julesの物語の埋め草程度にしか見えません。いっそJulesを主役にすればよかったのに(ってそういう訳にもいかんでしょうが)。無口なCosmoのキャラがヒーローとしては難易度高かったということもあるのかもしれませんが、これでは残念ながら5つ星はあげられません。もったいない!
冒頭に息子さんへの献辞があるんですが、これがなんとも泣かせます。母の愛です。上述のカウントダウンページの下の方にもありますのでご一読あれ。2006.9.15★★★★

|

« A Summer to Remember | トップページ | It Must Be Love »

コメント

bookgirlさん、こんばんは^^久しぶりにお邪魔します~。
私もTroubleshootersシリーズ大好きな一人です。
「Hot Target 」Julesのお話なんですね♪
主役はともかく彼のお話は凄く読みたいです♪
感想を読ませていただいたら、凄く気になってきました(笑)
早速注文しちゃいます(^^)

実はこのお話をすっ飛ばして「Breaking Point 」を先に手を付けてしまったんです~。
どうしてもMax&Ginaのお話が読みたかったんです~。
そして脇役ロマンスも素晴らしかったですvv

個人的にはSam&Alyssaびいきなので「Gone Too Far 」が今までの中で一番大好きですvv
このシリーズもつい邦訳版も買ってしまいます(*^^*)

余談ですが来年 Susan Elizabeth Phillips の新作が発売されるそうですvvbookgirlさんもお好きでしたよね?
シカゴスターズ大好きなので、今から待ち遠しいです。

最近つい邦訳版ばかりを読んでしまうんですが、こちらのブログに遊びに来ると原書チャレンジしよう~という気持ちになるんですよ(^^)これからもブログ楽しみしています。

投稿: すぐり | 2006.09.23 19:33

すぐりさん、いらっしゃいませ。

"Breaking Point"、もう読まれたんですね。ひょっとしてJulesの話の続きがあるんじゃないかと期待して、ついさっき注文したところなんです。すごく楽しみ。
もちろんマイベストも"Gone too Far"です。別格ですよねぇ。このシリーズの邦訳はまだ買ったことがないんですけど、"Gone too Far"だけは間違いなく買ってしまうと思います!

>余談ですが来年 Susan Elizabeth Phillips の新作が発売されるそうですvv

Deanの話ですよね! もちろんハードカバーで買う気満々ですよー。Susan Elizabeth Phillipsなら安心ですもんね。まちきれません!

投稿: bookgirl | 2006.09.23 21:31

こんにちは。
Hot Target よかったです。bookgirlさんに聞いていなかったら、献辞のところをすっ飛ばしてしまうところでした。ほんの数ページで、微笑ましく感じながらも、涙がでてきました。
無口で(けっこう語ってた気もするけど)ママ思いのCosmo、私的には好きなキャラです。配役するなら悪役だけど、笑うとヒーローでも演れるって・・・俳優だと誰かなあなんて想像しちゃいました。
とは言え、なんといってもこの本はJules!あ~もうどうしたらいいのでしょう、この気持ち。Sam&Alyssaでそうだったように、これから彼の幸せを願わずにいられない!
ところで、最近登場人物についていけなくなってきました。年のせいでしょうか。この人誰だっけ?前に主役はってたっけ?いろいろ気になってSuzanne Brockmann のHPを見ていたら、Sam&Alyssaのshort story2を見つけました。またウルウルしてしまった。
最近、新しい本の感想を聞かせていただけず、さみしいです。また楽しみにしています。

投稿: みふゆ | 2006.11.16 16:57

みふゆさんはタイプでしたか、Cosmo。確かに、無口という設定の割りには結構語ってましたね(笑)。Sam&Alyssaのshort story、気になります~。チェックしにいかなきゃ。
ずいぶんご無沙汰していましたが、これからもボチボチ感想など更新していきますので、また遊びにきてくださいませ。

投稿: bookgirl | 2007.02.24 23:14

ご無事でなによりです!少し心配してました。また、感想を楽しみにしています!

投稿: みふゆ | 2007.02.25 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/11985591

この記事へのトラックバック一覧です: Hot Target:

« A Summer to Remember | トップページ | It Must Be Love »