« Circus of the Damned | トップページ | The Other Boleyn Girl »

2006.05.25

Trust Me

Trust MeTrust Me
Jayne Ann Krentz

Pocket Books (Mm) 1995-09-01
売り上げランキング : 254,052
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コンピュータ・セキュリティ会社の社長 Sam Starkの結婚式の日、とうとう花嫁は現れなかった。実は新婦にすっぽかされるのは人生二度目のStark。天才肌のコンピュータおたくで感情を表に出さないStarkに、女性たちは不安を感じて逃げ出してしまうのだ。妻となる人物に苦手とする社交面を任せるつもりだったStarkだが、あてが外れたいま、ケータリング会社と契約して一切を任せるという妙案を思いつく。代々続いた演劇一家のなかで唯一の実業家Desdemonaは、売れない役者ばかりの身内を自分のケータリング会社に雇うことで一族の経済的基盤を支えている。Starkの会社から包括的な大契約を持ちかけられ、一も二もなくとびつくDesdemona。Starkの会社が主催するパーティを仕切ることはもちろんのこと、なぜか妻のかわりとしてStarkが参加するパーティに同伴することまで同意させられる。まったく正反対の性格ながらも急速に惹かれあうふたりだったが、Starkが開発しているセキュリティソフトが産業スパイに狙われ、Desdemonaまでもが危険にさらされることになる。

いつも本を読みながら心のどこかで分析している。ここが凄い、ここがイマイチ、ここが好き、ここが嫌い。レビューを書くためというのもあるかもしれないけれど、理系の性でしょうか。ところが、この作品については・・・わからない! なぜかわからないんだけれど、すごく楽しい。逆はよくあるんですよね、悪いところ見つからないのにつまらないってのは。でも、今回のようなケースははじめて。わたしの大好きなすれ違いもメロドラマもなし。ヒーローが超いい男というワケでもない。ストーリーはひょうひょうとして至極平熱なんだけれど、先を読みたくてたまらなくなる。苦手のロマンチック・サスペンスにもかかわらず5つ星です!
いいところとして唯一明らかになのはDesdemonaのキャラクター。すごく初々しいのにすごく大人なんだよね。普通だったら間違いなくすれ違いコースまっしぐらな恋愛の危機の数々を、素直に鮮やかに切り抜けてゆく様はお見事のひとこと。初めて結ばれたあと、早速おとずれたピンチでのあの切り返し方! いやー、同性ながら惚れそうです。
でも、Desdemonaのキャラクターが際立ってくる前からストーリーには引き込まれていたわけで、それだけが理由じゃないのは間違いないんですよ。なんでだ? いったいどこがいいんだろう。誰か知っていたら教えてくださいな。 2006.5.25★★★★★

|

« Circus of the Damned | トップページ | The Other Boleyn Girl »

コメント

待ってました。わたしの大好きなオタクヒーローSam Stark(笑)Jayne Ann Krentz の作品はワンパターンだとよく評されますが、どうしてだろう?1冊読み終えた後は、必ず次の作品を買って本棚に待機させています。とてもいい気分になって、ロマンス小説を読むってほんとに楽しいよーーと誰かに話しかけたくなったりします。ワンパターンでもいい。Jayne Ann Krentz (Amanda Quick も)はこうでなくちゃと思うのです。

投稿: みふゆ | 2006.05.26 23:47

そうそう、みふゆさんに紹介されたのでした、この作品(というかStalk氏を)!
筋金入りのオタクヒーローでしたね。「pocket protectorってなんだ?」ってグーグルでイメージ検索してしまいました。おっと、そんなことしてる自分がオタクか?

>Jayne Ann Krentz の作品はワンパターン

ふーむ。「スタイル」があるってことなのかなぁ。いやホント、読んだあとにとっても良い気分になりました。
Amanda Quickは何冊か読んだことがあったのですが、Jayne Ann Krentz名義はコレがお初です。他の作品もこのレベルならまた金脈発見かも。

投稿: bookgirl | 2006.05.27 07:53

こんにちは。オタクヒーローって、なんだかそそられますねー。ところで、ここにコメントするのは間違ってるかもしれませんが、以前bookgirlさんが、ロマンス小説に出てきた珍妙な日本語のことを書かれてましたが、私も遭遇しちゃいました。Anne Stuart"Black Ice"に出てきた悪の一味の一人で、その名はMr.Otomi。ええ、イヤな予感通り丁寧にsanづけで呼ぶヒーロー。やめてーーって感じでした(笑) あと、脈絡ないですが、"Time Traveller's Wife"ってお読みになりました?ロマンス小説のジャンルには入ってないかもですが、筋金入り?のロマンスでした。映画化もされるようなので、楽しみです。

投稿: Anna | 2006.06.04 19:00

うわっ、大変(笑)。
"You must have died, Otomi-san!"とかですか?
そもそもOtomiってどんな苗字やねん、て感じですよね。

"Time Traveller's Wife"、よく名前を耳にしたので「評判いいんだなぁ」とのほほんと思っていましたが、えっ筋金入りロマンスなんですか! てっきりSFなんだと思ってました(汗)。ロマンスならちょっと食指動いちゃいます。

投稿: bookgirl | 2006.06.05 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/10239043

この記事へのトラックバック一覧です: Trust Me:

« Circus of the Damned | トップページ | The Other Boleyn Girl »