« Sex, Lies, and Online Dating | トップページ | Glory in Death »

2006.03.29

Dreaming of You

Dreaming of You Dreaming of You
Lisa Kleypas

Avon Books (Mm) 1994-05
売り上げランキング : 86,828

Amazonで詳しく見る by G-Tools

田舎町の小さな家で両親と慎ましく暮らすSara Fielding。四年来のお堅い恋人は一向にプロポーズする様子もなく、たまに素っ気無いキスを交わす程度。冒険や大恋愛に憧れる気持ちは秘めたまま、真面目に平凡な日々を送るSara。そんな彼女が娼婦を主人公にして書いた小説が大ヒット。次回作のための取材でロンドンの夜のスラム街をうろついていたSaraは、暴漢に襲われていた男性Derekを助ける。彼が有名なロンドン屈指の賭博場のオーナーであると知り、格好の取材材料に出合ったとばかりにSaraは大喜び。Derekの賭博場に出入りするようになる。最初は迷惑がっていたDerekもSaraの純真さに次第に惹かれていくが、闇の世界を這い上がってきた自分と関わってはSaraが穢れてしまうと、大切に想うがゆえに彼女を遠ざけようとする。

Then Came Youのスピンオフ。Devil in Winterで触発されて1年半ぶりの再読。まだちゃんとレビューも書いていなかったし。
いやー、Derek! なんとなくアルファ・ヒーローっぽいイメージが残っていたのだけれど、とんでもない。むしろ卑屈といってもいいキャラじゃないですか。下水道に産み落とされ(ゲ!)、両親も誕生日も知らないまま娼婦たちに育てられ、生き残るために当然のように犯罪を犯し、男娼として稼いだお金で始めた賭博場で大成功。裸一貫からロンドン一の金持ちにまでのし上がった超苦労人。自分に自信を持っていいはずなのに、自分には価値が無いと思っている。多分それは、心の底では「清く正しくあること」を求める気持ちが人一倍強いからなんだと思う。だからこそSaraに強く惹かれた、と。アピールされているのは「ヨゴれキャラ」ぶりなのに、何故かむしろ裏に秘められた「清さ」が際立っている。だからこそ、単なる不良ヒーローで終わらない魅力があるのかもしれない。
一方のSaraはこれとちょうど対照をなしていて、一見、真面目で堅実そうに見えるし(しかも眼鏡っ子)、自分もそう信じていて、自分が書く小説にあるような冒険や興奮は自身の手には入らないものと諦めている。でもそれは未知の世界への強烈な憧憬の裏返しなんですね。だからDerekに惹かれる。二人が本来の自分をお互いの手を借りて取り戻してくという、ストーリーなんですね。最初に読んだ時はとにかくDerekラブでそこまで目に入らなかった。きっと背骨がしっかりしてるから漫画的なのにリアルで説得力があるんだなぁ。
とはいえ、やっぱりDerekにトキメいて読むべき本なんだと思う。あんなイイ男に女神のように崇拝されるヒロインに自分を重ねてね(想像するのはタダだから)。その崇拝っぷりは痛々しいほどで、なんども「うぉぉぉ」と呻くこと請け合い(特にクライマックス!)。どこか映画的な描写もいい。前回の4つ星は辛すぎですね。返上して5つ星です。ちなみに、アンソロジーに入ったDerekとSaraの娘の話("Against the Odds")があるそうな。2006.3.29★★★★★

|

« Sex, Lies, and Online Dating | トップページ | Glory in Death »

コメント

BookGirl様
はじめまして!以前HQリングに参加していた関係で、こちらのブログには足しげく通わせていただいております。私も洋書ロマンスと、その中の英語のロマンチックさが大好きです。
大好きな本Dreaming of you が再掲されていたので、つい一票(何に!?)入れたくてコメントさせていただきました。
この本はLisa Kleypas作品の純粋さ、ストーリーの巧みさの真骨頂という気がするのです。DerekがSaraの○○○をそっと盗んでしまうところとか、涙ものでした~。
最近邦訳が始まったので、ぜひこの作品を訳して欲しいと思うと同時に、洋書読みで独占しておきたいと思ったりもして(ははは)
これからもBookGirl様のレビューを楽しみにしています!

投稿: セト修子 | 2006.03.31 18:20

はじめまして、セト修子さま。お越しいただきありがとうございます!

>DerekがSaraの○○○をそっと盗んでしまうところとか、涙ものでした~。

うんうんっ! そしてSaraがDerekが盗った○○○を発見するところもいいですよね~。「まっ、Derekったらずっと持ち歩いていたんだ!」って(しかもハートの傍らにっ)。

>最近邦訳が始まったので、ぜひこの作品を訳して欲しいと思うと同時に、洋書読みで独占しておきたいと思ったりもして(ははは)

気持ちわかります~(笑)。でも、やっぱり翻訳して欲しいかなぁ。こういう良い作品をどんどん紹介してもらって、ロマンス・ファンをもっともっと増やしたいです。職場で普通に人気ロマンス作家の新作の話題なんて出来たら素敵だなぁ。
Lisa Kleypasは作品もさることながら、ロマンスというジャンルに対する姿勢が好きです。本当にこのジャンルを愛していて、ロマンス作家であることにプライドをもって仕事してる。彼女に限らず、素晴らしい作品書いている作家さんってそういう人が多いような気がします。

投稿: bookgirl | 2006.03.31 21:00

私もひさしぶりに読み直しました。
Lisa Kleypas描くヒーローは、はじめは抵抗していても
陥落してからの崇拝ぶりが半端でないところが、
私にとってツボです(笑)
"Dreaming of you"は、セト修子さんが書かれた、○○○のエピソードもいいですし、
DerekがSaraのターバンを取り上げるところとか、
娘が生まれてからのちょっとした言葉とか、じんときます。
ロマンス小説の翻訳は、読むとイメージが違うことが多くて("Outlander"とか(汗)
なかなか難しいですよね。
Derekのコックニーなまりとか、どんなふうに訳すんだろう、とか(笑)

投稿: Anna | 2006.04.02 05:22

こんばんは、Annaさん!

>ロマンス小説の翻訳は、読むとイメージが違うことが多くて("Outlander"とか(汗) なかなか難しいですよね。Derekのコックニーなまりとか、どんなふうに訳すんだろう、とか(笑)

ホント、方言って翻訳者泣かせでしょうね。
Outlanderの翻訳を読んだときには、ジェイミーが普通の若者になっているので倒れそうになりました。変な田舎っぺになってなかっただけマシなのでしょうが・・・。あんなにコテコテに訛ってるのにインテリってとこがシビれるのにね。

投稿: bookgirl | 2006.04.02 22:19

普通の若者! bookgirlさんのご指摘、的確ですね。
私にとって、Outlanderは、ロマンス小説の枠を超えた特別な物語だったので、日本語版は、売り方、訳などすべてが「普通のロマンス小説」になってしまったような気がして、とても残念でした。
思い入れがありすぎるのも、困りものです(苦笑)

投稿: Anna | 2006.04.09 14:49

Outlanderはスペシャルすぎますぜ~、Annaさん。
だから、どんなに素晴らしい日本語版でもきっと人それぞれ不満が残ったと思うのだけれど、要はそのスペシャルさを理解した上で大切に売って欲しいということなんですよね。

それを言ったら、ロマンスというジャンルそのものも、もっと大切にして欲しいとも思いますね。RITA賞受賞作つまみ食い傾向とか、少し寂しい気持ちがするのも正直なところです。まずは評価の固まった人気作品で少しでもファンを増やしたいという気持ちもわかるのですが。。。

投稿: bookgirl | 2006.04.10 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/9320008

この記事へのトラックバック一覧です: Dreaming of You:

« Sex, Lies, and Online Dating | トップページ | Glory in Death »