« プライドと偏見 | トップページ | Vanity and Vexation »

2006.01.21

Gone Too Far

Gone Too FarGone Too Far
Suzanne Brockmann

Ballantine Books (Mm) 2004-03-10
売り上げランキング : 120,600
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海軍特殊部隊の"Team Sixteen"のメンバーSam Starrett大尉は、半年前に離婚手続きを始めたまま姿を消した妻のMary Louを追ってフロリダまでやってきた。ところがたどり着いたMary Louの住居でSamを迎えたのは頭を打ちぬかれた女性の腐乱死体。母親と一緒にいる筈の幼い娘 Haleyの姿はなかった。そのころ、半年前に基地で起こった大統領暗殺未遂事件に使われた凶器にMary Louの指紋が発見されて大騒ぎ。Samは尋問のために召喚されるが、犯人に連れ去られたに違いない娘を放っておけないSamは、元恋人(?)でもあるFBI捜査官のAlyssaの隙をついて逃亡。FBIから身を隠しつつ独自に捜索を進めるSam、FBIのお尋ね者となったSamを追うAlyssa。知力の限りをつくした二人の追いかけっこが始まる。一方、サンディエゴでは"Team Sixteen"のリーダーTomが、暗殺未遂事件のスケープゴートとして、テロ協力者の疑いをかけられ監禁されていた。

Troubleshootersシリーズ第6作 (The Unsung Hero, The Defiant Hero, Over the Edge, Out of Control, Into the Night)
わぉ、わぉ、わぉ。ファンの大きすぎる期待をさらに上回るすごい出来です。
はっきりいって、半分反則。なにしろ主役の二人には5冊分の歴史がある訳だし、プロットについても前作丸々お膳立てに費やしてるのだから、いい作品になって当たり前。でも、その当たり前で終わってないところが凄いね。恋愛においてはSamが追いかけAlyssaが逃げるという関係になっている二人を、プロットでAlyssaにSamを追わせる形に持って行っているのが良い。この追うものと追われるものの関係が裏腹になっているのが堪らなくエキサイティング! じっとしてても強烈な二人がそんな大変なことになってしまって、いやもう、読みながら興奮しっぱなしでした。そして何といっても、Samですよ。決してナイーブではないのに、素直で一途。タフなくせに泣き虫で、今回も泣きまくりです。泣かせます。我らがSamの子供時代のエピソードが一杯入ってたのも嬉しい。
主役のロマンスが凄ければ、脇役のロマンスも凄い。MaxとGinaの歳の差カップルがキてます。この二人も元々いいケミストリー持っていたけれど、今回は更にMaxのキャラに深みが増してレベルアップ。頭脳明晰冷静沈着なMaxが混乱して自分を見失ってる様は痛々しいやら色っぽいやら。これは主役はれるなぁ、と思ってたらシリーズ最新作では主役やってるみたいですね、やっぱり。
Marry Louについては「あ、手抜きやがった!」って感じです。個人的にはTomとKellyのエピソード省いてでも、もっと突っこんで欲しかったかな。絶対いいヒロインになれたのに。あと、第二次世界大戦のエピソードを入れるっていうスタイルを踏襲したい気持ちはわかるけど、あれは殆ど意味なかったですね。しかもちょっと説教がかって逆効果。神聖なエンターテイメントをプロパガンダの道具にしてはいけません! 作品全体のレベルが高かったのでギリギリ許せるけれど、あと一歩踏み越えてたら人権研修の教材になってましたぜ。訴えたい気持ちが強かったのだろうけれど、SamとAlyssaの愛を見せれば充分なのにね。
全体的に怪我人・死人が多すぎですが、それに見合ったテンションを保ってます。いや、もう、とにかくスペシャルな一作。ブラボー。2006.1.21★★★★★

|

« プライドと偏見 | トップページ | Vanity and Vexation »

コメント

こんにちは!私もGone too farほとんど同じ時期に読んでいたようです。いやあ、ほんとに良かったです。すごかったです。嬉しいです。読み返したいSamとAlyssaのシーンがいくつもあって、付箋つけとかなきゃと思いました。車に手錠でつながれたSamがAlyssaに”I'm sorry”というシーン、ドキドキしました。あまりに興奮して読んだので、この作家の作品はしばらくお預けにしようと思っています。余韻にひたろうかなと・・。

投稿: みふゆ | 2006.01.22 14:54

わっ、偶然! いやぁ、良かったですよね。

>車に手錠でつながれたSamがAlyssaに”I'm sorry”というシーン、ドキドキしました
うんうん! どんな思いで言った台詞かと思うと切なすぎ。私もツボにハマって、思わずあのページ二回読んじゃいましたよ。

SamとAlyssaの歴史を振り返るべく、1作目からまた一気読みしたい気分です。翻訳書だったら1日で読めるだろうか・・・。

投稿: bookgirl | 2006.01.22 20:17

>翻訳書だったら1日で読めるだろうか・・・。
この間、ノーラ・ロバーツの翻訳物を図書館で見つけ、あまりにすらすら読めて(当たり前ですね)、楽しかったので、もう洋書の世界にはもどれないかもしれない・・と不安になりました。でも、そんなことはなかった!英語には英語の味わいがあり。とかいって、bookgirlさんのレスを読んで、速攻スーザン・ブロックマンで検索してしまった(#^^#)

投稿: みふゆ | 2006.01.23 06:41

そうですよねー。日本語には日本語の、エイゴにはエイゴの味わい!
もちろん知らない単語は一杯あるし、エイゴで読んだことで失われてる情報ってのは馬鹿にならないくらいあると思います。本来のスピード感では読めないし。でも、翻訳家の方が力を尽くしてもどうしても日本語では表現不可能な部分(Samの"F**k!"とか?)てのもあるわけで、どっちを取るか、あとは好みですよね。
・・・でも、よーく考えたらまだ3作目までしか翻訳でてないんですね。あイタっ(X_X)。

ところで話は全然ちがいますが、本文で書いた「プロパガンダ禁止っ!」てやつ、この人に限って取り下げます。ちょっとだけだったらやってもよろしい!(偉そうに・・・)
今日届いた「Hot Target」を冒頭の献辞だけちょこっと盗み見(いや、盗まなくても^ ^;)したんだけど、偏見や不条理に黙っていられない、そういうメンタリティも含めてこの作家の魅力なんだろうなぁと思ったので。

投稿: bookgirl | 2006.01.23 20:28

しつこくレスしてすいません(^^; 私の本棚にも、Flashpoint、Heartthrobが待機しているもので、嬉しくなって。>神聖なエンターテイメント・・のところを読んだ時、ひとりニヤニヤしていました。うんうん!

投稿: みふゆ | 2006.01.24 08:01

しつこいなんてとんでもないっ!コメント嬉しいです。
私もFlashpoint以降はちょっと休憩してからにしようと思ってます。
Heartthrob、読んだら是非感想聞かせてくださいね。

投稿: bookgirl | 2006.01.24 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/8261389

この記事へのトラックバック一覧です: Gone Too Far:

« プライドと偏見 | トップページ | Vanity and Vexation »