« It Happened One Autumn | トップページ | シリアス作家のトンデモ本 »

2005.11.08

Scent of Danger

0743446135Scent of Danger
Andrea Kane

Pocket Star 2003-01-28
売り上げランキング : 67,251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大ヒット香水C'est Moiで市場を席巻した香水会社RuisseauのCEOであるCarsonが、休日出勤のオフィスで何者かに撃たれる。一命はとりとめたものの腎機能が停止し、腎移植が必要に。実はCarson、28年前に精子ドナーになったことがある。その時の精子から生まれた子供がいるかもしれない。血縁者なら腎移植のドナーになれる可能性大だ。Carsonが親同然にサポートし、成長して今はRuisseauの顧問弁護士になっているDylanはCarsonのために娘の居場所を突き止める。彼女の名前はSabrina。Carson譲りの頭脳で飛び級に飛び級を重ね、若干27歳で経営コンサルタント会社の代表というスーパーウーマンだ。DylanとSabrinaはたちまち恋に落ちるが、二人の所にもCarsonを狙った犯人の魔の手が伸びる。

ロマンチック・サスペンスは苦手とか言っておきながら、また読んじゃいました。
ロマンス:サスペンスが2:8ぐらいかな。ロマンスは殆どサブプロットのような扱いですね。それでも楽しく読めたのは、ひとえにヒロインSabrinaのキャラクターお陰。会社CEOの父親にトップ・デザイナーの母親、本人も27歳で会社経営なんていうド派手ぶり。真っ赤なスーツも着こなす美女で、「親しみやすさ」なんて全く無視した気持ちよいほどのスーパーウーマン設定。となると、とかく影があったり過去があったりするものだけれど、彼女に限ってはこれが全くの自然体。かえって嫌味がなくて好感度大でした。カッコよすぎるお姉さまです(年下だけどorz)。恋のお相手Dylanも生まれはともかく若くてハンサムな取締役弁護士。このいかにも頭の回転速そうな二人の粋な台詞のやり取りが作品の一番の魅力ですね。
サスペンスの方は、非常にテンポよく進むし、犯人最後まで分からなかったのに、最後の謎解きの部分では「なんでやねん」と突っこみを入れたくなるポイントがいくつか出てきたりしてちょっと拍子抜け。でも、本格ミステリ読んでるわけじゃないしね。とにかくゴージャスで、有り得ないほど濃厚な昼ドラ展開がとっても楽しかったです。2005.11.07★★★★

|

« It Happened One Autumn | トップページ | シリアス作家のトンデモ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/6977554

この記事へのトラックバック一覧です: Scent of Danger:

« It Happened One Autumn | トップページ | シリアス作家のトンデモ本 »