« Out of Control | トップページ | Scent of Danger »

2005.10.11

It Happened One Autumn

0060562498It Happened One Autumn
Lisa Kleypas

Avon Books (Mm) 2005-10
売り上げランキング : 107,602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金はあるけど誇るべき家柄のないアメリカの実業家の娘Lillian Bowmanの使命はイギリス貴族の旦那をゲットすること。イギリス社交界にデビューすべく一家そろって海を渡ってきたけれど、ただでさえアメリカ人平民というハンデを背負っている上に、勝気で辛口で奔放そのものなLillianを相手にする男もおらず、妹共々すっかり壁の花。そんな折、Stony Cross Parkで1ヶ月に渡ってひらかれるパーティに一家で招待され、チャンス到来と母親は大張り切り。しかしLillianの気分は暗かった。館の主であるMarcusとはどうも折り合いが悪いのだ。高慢かつ冷静沈着で非の打ち所のない伯爵であるMarcusは、あの「下着で野球事件」以来、淑女らしさのかけらもないLillianが気に障って仕方が無い。仕事の都合上、やむを得ずBowman一家を招待したものの、会えば喧嘩になるLillianとの接触をできるだけ避けようとする。Lillianもその気持ちは同じだったが、今回ふとしたおりにMarcusと接近すると、どうも彼の行動がおかしい。媚薬効果があるという魔法の香水のせいだろうか?

Wallflowersシリーズ第二作。
前作Secrets of a Summer NightでもSimonの友人として大活躍したMarcusと、Wallflowers一番の問題児Lillianのロマンス。いや~、楽しかった!共に激しい性格のの主人公二人が火花散らして衝突しているうちに恋の炎が燃え上がっちゃう系。こーいうの大好きです。しかも敵対関係から好意が芽生え、それが愛に変わっていく様子がすごく自然に描かれていて説得力があって、本当に楽しめました。得意のラブシーンも若干セーブして(前作はちょっと多すぎたよねぇ)、何故かホットなダンスシーンやキスシーン攻撃でギリギリまで引っ張っていたのも効果的。この結ばれそうで結ばれないもどかしさと期待感が何といっても良いのです! 主人公二人のキャラがき活きしていて、無理なくストーリーを引っ張っていっている感じがあったのも気持ちよかった。これはキャラの勝利ですかね。私的にはLisa Kleypasでは久々のヒット!
3月発売予定の第三作はどうやらEvieとSt. Vincentっぽいのだけれど、おとなしいEvieにちゃんと主役がはれるのか、完全な悪役に堕ちたSt. Vincentにヒーローがやれるのか、若干不安だなぁ。2005.10.11★★★★★

|

« Out of Control | トップページ | Scent of Danger »

コメント

こんばんは。
すごくタイムリーな作品でしたのでついついお返事を書いてしまいました。
私はようやくJulieGarwoodの「Prince Charming」が読み終えまして、次の作品をbookgirlさんがまさに読み終えたばかりのWallflowersシリーズ第1作目「Secrets Of A Summer Night」にしようと読み始めたばかりです。これでもかとラブシーンが多いとのことどれほどなのか楽しみにしたいと思います。
「Prince Charming」はお転婆な主人公の冒険活劇風でしたのでラブシーンは少なかったですね。この作品の舞台はイギリスからアメリカ開拓地へと移っていきましたので今度はイギリス社交界にどっぷりと浸りたいと思います。
それにしましても、読むのが速い!本当にすごいです。
例の作品の長さというものが、何故かbookgirlさんの読書キロク更新速度で感じられます(^_^;)

投稿: 藤の森 | 2005.10.12 20:36

ホント偶然ですね!日に日に肌寒くなるこの季節、Hotな作品につい手が伸びるのでしょうか(^ ^)。
次はこれまた偶然にJulie Garwoodの"Guardian Angel"にしようかなと思っていたんですが、土壇場で気が変わって"A Breath of Snow and Ashes"にとりかかることにしました。だいぶ気力も戻ってきたし、なにより読書の秋ですからね!年末の忙しい時期に入る前に読み上げたいものです。
ということで、また一ヶ月ほどレビューが書けません(笑)。11月中に「ちょー面白かった!」というヨロコビのレビューが書けるといいなぁ。

投稿: bookgirl | 2005.10.14 19:30

こんにちは。はじめまして。
英語の読めない私は原書を読んでいる人がとってもうらやましいです(笑)

リサ・クレイバス 「悲しいほどときめいて」今月10日に原書房から出版。2004年度RITA賞受賞作だそうです。どの作品なのかな?
海外ロマンス文庫本が各社から発売されていますが、ヒストリカルはまだまだ少ないので、ヒストリカルファンとしてはうれしい♪ニュースでした。

投稿: つきの | 2005.11.05 23:39

はじめまして。ビッグニュースをありがとございます!
2004年RITA賞ということは"Worth Any Price"かな? わぉ、いよいよリサ・クレイパスがあと数日で日本上陸ですか。あのセクシーなラブシーンで皆をノックアウトするんですね。ワクワクします。
嬉しいですけれど、この作品が最初の翻訳に選ばれたのは何でかなぁ。ちょっと不思議。特にリサ・クレイパスの最高作って訳でもないのにね。私だったら"Dreaming of You"にするかなー(個人的好み入りまくり^^;)。

投稿: bookgirl | 2005.11.08 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/6354786

この記事へのトラックバック一覧です: It Happened One Autumn:

« Out of Control | トップページ | Scent of Danger »