« Match Me If You Can | トップページ | The Fiery Cross »

2005.08.21

「高慢と偏見」を語ろう

前の更新から1週間経つので「そろそろ何か読んだだろう」と思っていらっしゃった皆さん。申し訳ありません。今読んでる本(この秋4年ぶりに新作が出る、あのシリーズの5冊目です)が何しろ長いので読み終えるまで時間かかっております。しばらくレビューが書けそうにありません(泣)。とはいえ手ぶらでお帰しするのも芸人根性が許さないので(なんでやねん!)、「高慢と偏見」について語ってみます。長いよ~(笑)。

B00005YWZ6高慢と偏見
コリン・ファース ジェニファー・エイル アンナ・チャンセロー

アイ・ヴィー・シー 2002-04-05
売り上げランキング : 646
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

時を遡ること4年。映画館で「ブリジット・ジョーンズの日記」を見た私は例によってコリン・ファースに猛烈にときめいた(というと大抵の友人は何故か「え~?」と言うのだけれど)。で、家で余韻に浸ろうとパンフレットを買って帰ったのだけれど、そこでどうやらこの作品が「高慢と偏見」のパロディらしいということを知る。
「高慢と偏見」("Pride and Prejudice")はご存知の通り1813年に書かれたジェーン・オースティンの名作だけれど、ここで言っているのはそれではなく(いや、それなんだけど)、この作品を原作として1995年に製作されたBBCのTVドラマシリーズのこと。イギリスで放映されていた当時はドラマの時間になると街から人が消えたとか、コリン・ファースがヒーローのミスター・ダーシーを演じて世界中の女性をメロメロにしたとか、何だか凄そうである。自慢の「おたくアンテナ」にビビっと来るものを感じて早速ネットでチェックしてみると、出てくるわ出てくるわハマった人々の絶賛の声。これは見なければ、と行きつけのツタヤを探してみるものの、どうやらレンタルされていない模様。DVDが販売されているけれど、2枚組みで9800円。ありえな~い。超高~い。しかし、ここで諦めては女が廃るとばかりに、清水の舞台から飛び降りる思いでDVDを購入した。そして・・・。
もうね、凄いですから。2枚組で300分もあるというのに、届いたその日の深夜、飲み会から帰ってきて酔った勢いでちょっとサワリだけと思って見始めて、結局朝までみちゃいましたから。次の日仕事だったのに。
何が凄いって、全部凄いのが凄い。イギリスの田園風景もきれいだし、エンパイアスタイルの衣装も超カワイイし、BGMもいいし、出てくる登場人物全員個性濃すぎ(お母さんとミスター・コリンズを見て欲しい)だし、大したこと無いだろうと思っていたストーリーも19世紀にこんなものが書かれていたなんて!と衝撃を受けるほど面白かった(高慢な偏見ですね)。そしてコリン・ファースだ。若い。髪の毛もふさふさで、エルビスばりにもみ上げをのばしている。「ブリジット・ジョーンズの日記」の時と同様、最初に出てきた時にはなんとも思わないのだけれど、見続けているうちにどんどん素敵に見えてくる(不思議だ)。背が高くてスーツも似合ってたけれど、この時代劇コスチュームの似合い様はその比ではない。そして目が異様なまでにセクシー。ヒロインのリジーを演じるジェニファー・エイルもパッと見、決してびっくりするほどの美人ではないのに、コリン・ファースと並ぶと二人の間にはただならぬ色気と緊張感が漂う(見てるだけで妊娠してしまいそうだ)。もう、ひとたまりもなくハマってしまった。イギリスまでダーシー様のお屋敷を見に行ってしまったほど(馬鹿です)。

ヘレン・フィールディングもこれにやられてあの"Bridget Jones's Diary"を書いた。「高慢と偏見」の現代版パロディである。ヒーローはその名も「ミスター・ダーシー」。続編の"Bridget Jones: The Edge of Reason"ではブリジットがコリン・ファースにインタビューするシーンが出てくる。ミスター・ダーシーが池に飛び込み濡れシャツ姿になる場面に拘るブリジットが可笑しい。
ブリジット・ジョーンズの日記ほど有名ではないけれど、他にもパロディ、ファン・フィクションの類はいっぱいあって、ミスター・ダーシーの視点から書いた"Darcy's Story"、男女逆転バージョンの現代版パロディになる"Lions and Liquorice"、それ自体がパロディなんだけど作中劇でも「高慢と偏見」を演じるというユニークな構成の"Pride, Prejudice and Jasmin Field"、二人の結婚生活を描いた"The Bar Sinister"(成人向けかも)など盛りだくさん。思わずパロディを書かずにはいられなくなるような力があのドラマにはあった訳ですね。多分、演じる二人の間に強烈な性的エネルギー(むぅ)が漂っているというのに、ラブシーンが一つも無いということが理由なんじゃないかと思う。シーンの裏側ではあんなことやこんなことをしてしまっているのではないか、と思わず妄想せずにはいられないのだ。
ということで、パロディ本を楽しんだり、イモヅル方式で同じ作家の別の作品なんか読んだりしていると、自然と読む本のロマンス率が高まっていった。そうこうするうちに、ある日アマゾンから"Outlander"をお勧めされ、目覚めてしまった訳である。ロマンスにハマったきっかけは"Outlander"なのは以前お話したとおりだけれど、その出会いに導いてくれたのが「高慢と偏見」ということになる。ありがたや、ありがたや。

****
追記
えーと"The Bar Sinister"、再出版されてタイトルがかわったようですね。"Mr. Darcy Takes a Wife: Pride and Prejudice Continues"というのだそうです。ご参考まで。

追記2
えーと"Lions and Liquorice"も再出版でタイトルかわってます。"Vanity and Vexation: A novel of Pride and Prejudice"だそうです。
・・・映画公開の影響か、続々再出版されてるのは嬉しいですが、どうしてタイトル変えるんだろう?

|

« Match Me If You Can | トップページ | The Fiery Cross »

コメント

こんにちは。
今月、LaLaTVで放送している第1回を見ました。
bookgilさまの記事で知ったこのドラマ、見る機会はないな~、
そのうち原作よむか、と諦めていたのですが、うれしいことに
見られることになりました。
これも映画「プライドと偏見」のおかげでしょうか。
(CMもしっかり流れてるし)

まだ1回目だけですが、とにかく面白いです。
ちょっとおたくな見方かもしれませんが、いままで読んできたヒストリカルが映像化されたようで、ニヤニヤしながら見ていました。

ヒロイン・リジーが散歩するイギリスの田園風景、舞踏会のシーン、
社交界のあれやこれや(うっわ~、ありそう~ともだえながら見ています)、コティヨンでしたか、ダンスのシーンやらなにやら、とにかく、
ヒストリカル・ファンにはおいしすぎる!
そしてキョーレツすぎる登場人物たち。
さて、ミスター・ダーシーとエリザベスはこれからどうなるのでしょう。
ミスター・ウィッカムも暗躍(?)してくれそうだし、楽しみです~。

投稿: まふぃ | 2006.01.13 22:06

やってましたね! 
月曜日に外出から帰ってきてTV付けたら、突然ネザーフィールドの舞踏会のシーンが映って、そりゃあ度肝を抜かれました。思わずそのまま見ちゃって、しかも思わずDVDでまた最初から見ちゃって、はっと気がついたら折角の祝日が終わってました(笑)。
久しぶりに見たけどやっぱり凄いです、あのドラマ。BBC偉すぎ。

>いままで読んできたヒストリカルが映像化されたようで
そうそう! ジェーンのサイドサドルとか!ダーシーの入浴シーンとか!軍人さんたちのレッドコートとか!!夢のようですよねー。

プライドと偏見、いよいよ明日ですね。私は明後日見に行く予定です。
あのストーリーをどう切り詰めれば2時間に収まるのか少々不安ですが、予告編みて気分は盛り上がってます。

投稿: bookgirl | 2006.01.13 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/5572510

この記事へのトラックバック一覧です: 「高慢と偏見」を語ろう:

» 町の映画館 [MOONの似顔絵エッセイ]
この写真は1958年(昭和33年)に撮影されたもので 新潟市古町にあった映画館「新潟日活」である。 石原裕次郎主演の「陽のあたる坂道」の看板が見える。 この年、映画人口、史上最高の12億2745万人を記録している。 国民一人当たり12回〜13回、映画館で映画を見ている勘定になる。 まさに日本映画の黄金時代のピークが1958年だったのだ。 以後、映画はテレビに押され衰退していく。 町の中心街にあった映画館はことごとく姿を消し... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 17:52

« Match Me If You Can | トップページ | The Fiery Cross »