« The Unsung Hero | トップページ | Breathing Room »

2005.06.25

The Defiant Hero

0804119538The Defiant Hero
Suzanne Brockmann

Ballantine Books (Mm) 2001-02-27
売り上げランキング : 120,924
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「娘はあずかった。命令に従わなければ娘の命はないぞ」
カザベキスタン(ウズベキスタンのようなカザフスタンのような)大使館の通訳であるMegは娘をテロ組織に誘拐され、彼らのライバル組織のリーダーRazeenを大使館から連れ出してくるように命じられる。Razeenを人質にとって大使館の男子トイレに立てこもるMeg。政府側の交渉人として海軍特殊部隊の中尉、Nilsを指名する。実はMegのカザベキスタン駐在時代に、作戦でアメリカ大使館に来たNilsと短い時間を共にして、互いに惹かれつつもMegが人妻ということもあって別れたという過去があった。3年たってもMegのことが忘れられずにいたNils。彼女が立てこもっていると聞いて驚愕する。そんなことをする女性ではない。何かあるはず。Nilsは大使館に急行する。

Troubleshootersシリーズ第二作。
一作目の"The Unsung Hero"と全く同じ構成。テロリストをめぐるプロットをからめた主人公のロマンスと、脇役のロマンスが二本。そのうち一本は第二次世界大戦中のロマンスの回想というところまで一緒。更には、脇役のロマンスが完全に主役のロマンスをくってしまっているところまで一緒という(笑)。脇役ロマンスは素晴らしい出来。まずは"The Unsung Hero"でも出てきた海軍の女スナイパー、現在は転職してFBIの対テロ部門にいるAlyssaと、Team SixteenのメンバーSamのロマンス。惹かれあいながらも顔をあわせては対立してばかりの二人が、何と手錠プ○イ! コミカルな面を前面にだしつつも、二人の強烈なケミストリーで物凄い迫力を醸し出してる。シリーズ5作目の"Gone Too Far"では主役をはってるそうだ。当然ですね。あとはMegの娘ともども人質に取られている祖母のEveの回想ロマンス。これがねー、ちょっと泣けます。いや、戦争モノは反則だわ。しかも「あっ」と言わされるヒネリも入ってて素晴らしい。その一方、MegとNilsのロマンスは・・・。二人の(特にMegの)気持ちが全くといっていいほどロマンスに集中してない(当然だけど)のが敗因か。素晴らしい脇役たちのロマンスに免じて5つ星にしたいところだけど、ちょっと構成面での新鮮味もうすいということで一点減点。2005.6.25★★★★

|

« The Unsung Hero | トップページ | Breathing Room »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/4703551

この記事へのトラックバック一覧です: The Defiant Hero:

« The Unsung Hero | トップページ | Breathing Room »