« The Laughing Corpse | トップページ | Sweet Nothings »

2005.03.20

Untie My Heart

Untie My Heart
Judith Ivory

Avon Books (Mm) 2002-11-05
売り上げランキング : 267,350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヨークシャーで小さな羊農家を営む未亡人のEmmaの貴重な繁殖用子羊が、新しくやってきた子爵、Stuartの暴走馬車に轢かれて死んでしまう。しかしStuartは否を認めるどころかEmmaに会おうともしない。実は引退した詐欺師でもある(!)Emmaは罰としてStuartから金を騙し取ろうとするんだけれど、ものの見事に返り討ちにあって、Stuartの叔父への復讐作戦に力を貸さざるを得ない状況に。
決して全体的なテンポは良い訳じゃないんだけど、一つ一つのエピソードがすごく印象深い("saw it off"事件とか最高!)。あと、感情を直接表現せずに主人公たちの行動で語らせるのが凄く上手くて、またその感情に説得力があって、ラブシーンもむしろ表現は控えめなんだけどエロチックだと思う。比較的淡々とストーリーが進むので「ロマンチックが足らんなぁ」と思ってたんだけど、ラスト近くのEmmaがStuartの部屋であるものを発見するシーンで完全にヤラレてしまいました。
主人公たちは片や筋金入りの元詐欺師、片やかつてはイスタンブールでハーレムを持ってたというエキゾチックな伊達男(コートの裏地にチンチラの毛皮!しかも若干Sっ気あり)。どっちもどっちなワルなので、主人公は清廉潔白じゃないと駄目なヒトは受け付けないかも。しかも私でもちょっぴり「なぬ!?」と思うようなラブシーンが出てきりもしたので、そのアタリで許容範囲が狭いヒトも駄目かな。だけど間口広い方々なら、ワルっぷりの影に見え隠れする純粋さと脆さと逞しさに、気が付けば主人公たちにほれ込んでること請け合い。2005.3.20★★★★★

|

« The Laughing Corpse | トップページ | Sweet Nothings »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/3372492

この記事へのトラックバック一覧です: Untie My Heart:

« The Laughing Corpse | トップページ | Sweet Nothings »