« Sweet Nothings | トップページ | All Through the Night »

2005.03.31

First Lady

First Lady
Susan Elizabeth Phillips

Avon Books (Mm) 2000-02-08
売り上げランキング : 264,071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元副大統領の娘であり、暗殺された前大統領の妻、善意のシンボル、若く美しい人気のファーストレディ。夫亡き後も、独身の次期大統領のカリスマ性の無さをファーストレディとして補うことを強要され、ブチきれたNeallyはたとえ束の間でも自分の人生を取り戻すべく、ホワイトハウスから脱走する。そこで出会ったのが身長2m(!)の失業中のジャーナリストで独身主義者のMat。そして彼が厄介払いしようと必死になっている彼の元妻の娘たち。お互いに自分の身分を隠して一緒に旅を続けるうちに二人は当然恋に落ちるわけだけれど、問題は互いの秘密を知ってしまった時。Matにアメリカで1番有名な女性に言い寄る勇気はあるのか?Nellyは天敵ともいえるマスコミの人間を信じることができるのか?ホワイトハウスからの追っ手も着々と迫ってくるし。
前半は着々と構築される擬似ファミリーに恐怖するMatと平凡な日常生活に感動するNeallyのずれ具合が可笑しい。赤ん坊を使うのは反則だなぁとは思いつつもButtonには笑わされるし、和ませられる。でもやっぱり面白かったのは二人が真実を知ってから以降の部分かな。愛しさあまって憎さ百倍、みたいな。ロマンスの真骨頂ですね(そうなのか?)。あと、今まで読んだ中で一番長くて饒舌な3ページにも渡る愛の告白シーンが印象的。
イマイチだったのは、Neallyのキャラでしょうか。あまりに「優等生」すぎるかな?ファーストレディっぽさがそれほど感じられないのももったいないし。家出した理由にも説得力がなくて、未成熟な印象ばかりのこる。後半ではなかなかいい女になってるんだけどね。成長したっていうことなのか?うーむ。2005.3.31★★★★

|

« Sweet Nothings | トップページ | All Through the Night »

コメント

Susan Elizabeth Phillips、大好きな作家です。笑えて、じーんとして、身もだえしてしまいます。読み終えた後は、必ず次の作品を買わずにはおれません。そして未読の彼女の作品を手にとって、「うーん、ここぞと言う時まで取っておこう(どんな時だ?)。読むのがもったいない!」と思うのです。これもぜひ手読んでみたいです。

投稿: みふゆ | 2005.04.01 16:52

私も大好きです!
>笑えて、じーんとして、身もだえしてしまいます。
あ、わかる~♪
私も先日、彼女の未読作品をまとめ買いして、「未読の棚」に並べて悦に入ってるところです。確実に楽しませてもらえるので、安心して手を出せるんですよね。「ここぞ」という時に読んで、また感想書きますね。

投稿: bookgirl | 2005.04.01 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16096/3513707

この記事へのトラックバック一覧です: First Lady:

« Sweet Nothings | トップページ | All Through the Night »